KUMAMOTO University

オプトアウトOPT-OUT

O

  • オプトアウトOpt-out

  • 当科ではよりよい医療の提供を目指し、新規治療法・新規治療薬開発のため、倫理委員会の承認のもと、全国規模の臨床試験・治験に積極的に参加しています。

    患者様への侵襲・介入がなく、人体から取得された試料を用いず、診療情報などの情報のみを用いて行う観察研究においては、国が定めた倫理指針に基づき、対象となる患者さんから直接同意を受けない場合があります。このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いる場合でも、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知又は公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされています。

    当科で行っているオプトアウトを用いた臨床研究は以下の通りです。研究のためにご自身の診療情報等が使用されることを望まない方は、各研究の担当者・主治医までお知らせください。

  • ALL
  • 血液
  • 膠原病
  • 感染症
  • その他
Department部門名
Project name研究課題名
悪性リンパ腫合併妊娠の多施設共同後方視的観察研究
チロシンキナーゼ阻害剤使用慢性骨髄性白血病患者における効果と安全性の後方視的解析
当院における悪性リンパ腫に対する末梢血幹細胞採取(PBSCH)後の使用状況に関する後方視的観察研究
第12次ATL全国実態調査研究
HBs抗原陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブ併用化学療法後のB 型肝炎ウイルス再活性化関連肝障害に関する多施設共同後方視的観察研究
成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)における移植前処置の強度・種類による移植成績の比較検討
同種造⾎幹細胞移植における⾎流感染症の発症、リスク因⼦、予後に関する解析
熊本県内における成人T細胞白血病リンパ腫に対する同種造血細胞移植の治療成績の検討
関節リウマチ・膠原病におけるリンパ増殖性疾患の解析
高安動脈炎(TAK)、巨細胞性動脈炎(GCA)全国疫学調査
高齢者古典的ホジキンリンパ腫の臨床病理学的特徴と治療に関する多施設共同後方視 的観察研究
第12次ATL全国実態調査研究
HBs抗原陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者における、リツキシマブ併用化学療法後のB 型肝炎ウイルス再活性化関連肝障害に関する多施設共同後方視的観察研究
成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)における移植前処置の強度・種類による移植成績の比較検討
同種造⾎幹細胞移植における⾎流感染症の発症、リスク因⼦、予後に関する解析
熊本県内における成人T細胞白血病リンパ腫に対する同種造血細胞移植の治療成績の検討
悪性リンパ腫合併妊娠の多施設共同後方視的観察研究
高齢者古典的ホジキンリンパ腫の臨床病理学的特徴と治療に関する多施設共同後方視 的観察研究
チロシンキナーゼ阻害剤使用慢性骨髄性白血病患者における効果と安全性の後方視的解析
当院における悪性リンパ腫に対する末梢血幹細胞採取(PBSCH)後の使用状況に関する後方視的観察研究
関節リウマチ・膠原病におけるリンパ増殖性疾患の解析
高安動脈炎(TAK)、巨細胞性動脈炎(GCA)全国疫学調査

CONTACT US

C

  • 患者様へ

    外来診療の方は外来予約センターより
    ご予約をお願いいたします。
    外来予約センター

  • 学生・研修医・医療関係者の方へ

    TEL
    096-373-5156
    FAX
    096-373-5158
    Mail
    nikyo@kumamoto-u.ac.jp
Copyright 2019 KUMAMOTO University HRI All Rights Reserved.