前血液内科教授であり、現熊本大学名誉教授の満屋裕明先生が、

Newsweek(2019年5月7日発行号)掲載の「世界が尊敬する日本人100人」の1人に

選ばれました。

世界初のエイズ治療薬を開発し、エイズを死の病から管理可能な慢性疾患に変えた

尊敬すべき医学博士として掲載されています。