世界最先端の研究で医学の発展に寄与

医局紹介

  • HOME »
  • 医局紹介

血液・膠原病・感染症内科のご紹介

熊本大学 血液・膠原病・感染症内科のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

当科は熊本大学「第二内科」を母体に血液疾患、膠原病、感染症の診療・研究を行っています。

 

診療の取り組み

血液疾患を中心に、膠原病・感染症といずれも「免疫」がその病態に大きく関係する疾患の診療を行っています。血液疾患は血液悪性腫瘍である白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、成人T細胞白血病(ATL)のほか、再生不良性貧血などの造血障害、血友病などの希少疾患も診ています。また、2013年からは造血幹細胞移植にも取り組んでおり、日本造血細胞移植学会の認定施設にもなっています。熊本県下のほぼ全ての病院の血液内科は同門の先生方で運営されており、それぞれ機能分担を行いながら熊本県の血液疾患の診療に当たっています。膠原病は関節リウマチや全身性エリテマトーデス(SLE)をはじめ多岐にわたる疾患を対象としています。膠原病の診療では正確な診断が治療方針の決定に重要であり、当科では経験を積んだ医師を含めたチームで診断・治療に当たっています。感染症は新興・再興感染症、特にHIV感染とそれに伴う免疫不全(AIDS)の診療を行っています。その他術後感染など様々な感染症への対応も行っています。血液・膠原病・感染症という領域は密接に絡み合っており、かついずれの領域も全身の評価が不可欠です。そのため当科では必ず全身を診ること、そして複数の医師がそれぞれの専門領域の知識を活かしながら治療方針の決定に携わっていくことを基本的な姿勢としてより安全な医療の実現を目指しています。

 

研究の取り組み

熊本大学の血液内科にはその長い歴史で培われた研究の土壌があります。その土壌が臨床と研究の両方を重んじる当科の伝統として脈々と受け継がれ、これまでも宮家隆次博士によるエリスロポエチンの純化、高月清教授によるATLの提唱、満屋裕明教授によるHIV治療薬の開発、と血液学・ウイルス学で世界に誇る業績を発信してきました。現在は松岡雅雄教授の下、HTLV-1感染とATLの発症メカニズムに関して世界をリードする研究を展開しています。それ以外にも当科の疾患群の根底にある「免疫」の研究などまだまだ解明すべき課題は多く残されています。当科の伝統を受け継いだ大学院生、留学生が大志を胸にこれらの課題に日々取り組んでいます。

 

内科研修への取り組み

当科は内科専門医の取得を目標に後期研修医の受け入れも行っています。先に述べたように当科の研修は専門領域だけでなく、「全身を診る」ことが重要になります。これは内科専門医研修の目標と合致したものであると考えます。また、同門の先生方は県下で血液・膠原病・感染症内科だけではなく、総合内科、腫瘍内科、呼吸器内科、腎臓内科など様々な診療領域で活躍されています。このネットワークを活かし、当科の研修では県下の血液内科を有する病院だけではなく、研修医の希望に応じてその他の診療科でも研修が行えるような体制を考えています。興味のある若手医師が一人でも多く研修に参加していただければと思います。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 096-373-5156 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.