高月 清 先生が「熊本県近代文化功労者」に選ばれました。

11月2日(日)、県庁で顕彰式が行われました。

熊本県近代文化功労者顕彰とは、教育・学術・芸術等あらゆる分野で近代文化の発展に貢献し、

その功績が顕著である方に贈られるものであり、県内の顕彰制度として最も古い歴史と権威を誇る

ものです。

高月先生は、成人T細胞白血病(ATL)の病態を明らかにし、診断法を確立するなど、

医療研究・教育において多大な功績を残したとして顕彰されました。