「P1部位の修飾により、非ペプチド系新規プロテアーゼ阻害剤GRL-10413において、試験管内で多剤耐性HIV-1株に対する抗ウイルス活性および中枢神経系への移行性が増強した」

天野 将之1, Pedro Miguel Salcedo-Gómez1, 趙 睿1, Ravikiran S. Yedidi2, Debananda Das2, Haydar Bulut2, Nicole S. Delino2, Sheri Venkata Reddy3, Arun K. Ghosh3, 満屋 裕明1,2,4

1熊本大学生命科学研究部 血液内科学・感染症内科学

2米国 国立衛生研究所(NIH)

3米国 Purdue大学・Departments of Chemistry and Medicinal Chemistry

4国立国際医療研究センター

 

“A Modified P1 Moiety Enhances In Vitro Antiviral Activity against Various Multidrug-Resistant HIV-1 Variants and In Vitro Central Nervous System Penetration Properties of a Novel Nonpeptidic Protease Inhibitor, GRL-10413.”

Masayuki Amano, Pedro Miguel Salcedo-Gómez, Rui Zhao, Ravikiran S. Yedidi, Debananda Das, Haydar Bulut, Nicole S. Delino, Sheri Venkata Reddy, Arun K. Ghosh, Hiroaki Mitsuya.

 

Antimicrob Agents Chemother. 2016 Nov 21;60(12):7046-7059.

DOI: 10.1128/AAC.01428-16

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27620483

 

治療法の進歩によりHIV感染者の予後が改善した今日の問題としてHIV関連神経認知障害(HAND)があり、その対応が求められています。HANDの原因としては、HIV感染による神経細胞への直接的な毒性およびHIVの長期感染に伴った中枢神経系(CNS:Central nervous system)における慢性炎症が主体です。CNSへの薬剤の移行は血管脳関門(BBB:blood-brain barrier)によって制御されており、既存のHIV治療薬はCNSへの到達が困難とされています。我々は、①良好なCNS移行性、すなわち良好なBBB透過性を有し、②耐性株に強い坑ウイルス活性を発揮し、③ウイルスの薬剤耐性出現に抵抗性を示し、④安全性の高い治療薬開発を主眼とし研究を進めています。本論文では、試験管内において既存の薬剤に対する耐性HIVに有効で、かつ長期間HIVの薬剤耐性化が起こらず、また良好なCNS移行性を示す新規HIVプロテアーゼ阻害化合物に関する詳細な研究結果を報告しました。