平成31年1月26日、当科の同門会・仁杏会(にきょうかい)が主催する、第21回仁杏セミナーならびに平成30年度仁杏会総会、懇親会が熊本市内のホテルで開催されました。第21回仁杏セミナーでは、同門の先生お二方に講演をいただきました。昨年2月にエイズ学研究センター教授に就任された佐藤賢文先生による教授就任記念講演「次世代シークエンスを活用したウイルス研究」、そして東京都がん検診センター副所長・入口陽介先生による「対策型検診 胃がん検診・大腸がん検診の課題」と題し特別講演が行われました。100名にのぼる仁杏会会員の皆様に聴講にご参加いただきました。

引き続いての仁杏会総会では医局の現況報告、昨年設置された「仁杏会卓越賞」受賞者の講演を行いました。
懇親会では、120名近くの会員の先生方にご参加いただき、仁杏会名誉会員の満屋裕明教授のご挨拶もいただき、佐藤賢文先生の教授就任の祝賀、そして仁杏会卓越賞の表彰式も行われました。お祝いの声、また久々の再会を喜ぶ声会場が包まれ、大変盛況な同門会となりました。

仁杏会卓越賞受賞者

くまもと県北病院機構公立玉名中央病院 総合診療科 田宮貞宏先生

京都大学ウイルス・再生医科学研究所 講師 安永純一朗先生