平成30年度も、県下の関連病院から先生方にお集まりいただき、
各病院や医局の診療体制、医師派遣などについて情報交換のための会議を開催し、大学病院と関連病院との連携を深めています。
関連病院14施設から17名、大学病院から12名の教員が参加しました。
緩和ケア病棟を新設した熊本第一病院より、院長・野上哲史先生に緩和ケアに関する診療紹介を行いました。また、当科からは、造血幹細胞移植に関して医員・井上明威先生より移植診療の紹介や現状を発表いたしました。医局の現況についても医局長より報告いたしました。

参加関連病院(順不同)
熊本第一病院、熊本中央病院、くまもと森都総合病院、国立病院機構熊本医療センター、熊本市民病院、熊本赤十字病院、熊本地域医療センター、公立玉名中央病院、荒尾市民病院、阿蘇医療センター、熊本総合病院、済生会熊本病院、国立病院機構熊本再春荘病院、合志第一病院

平成30年6月26日(火)